タイ語の発音について(声調編)

サワディーカップ!バンコク猫です。

今日はタイ語の発音について個人の心得を述べたいと思います。

タイ語の声調は五つ!

タイ語は日本語と違って五つの声調があります。タイ語を正しく発音する場合には、子音や母音などはもちろん、各声調も正しく発音しなければなりません。

日本語には特にはっきりした声調がなく、一般的な単語や文脈は高低アクセントや強弱アクセントで構成されます。(例:橋、箸。雨、飴など)

もちろん、タイ語の声調は日本人にとって難所の一つでしょう。では、同じく声調を持つ言語の使用者、中国人にとってタイ語の発音は簡単でしょうか。

答えはNoです。

Image result for thai tone
Image result for 泰语声调

タイ語には五つの声調があって、中国語は4つしかないです。ただし、共通点はあります。

  • タイ語(平)middle = 中国語一声
  • タイ語(低)low  = 中国語三声
  • タイ語(降)falling = 中国語四声
  • タイ語(高)high = 中国語該当なし
  • タイ語(昇)rising = 中国語二声

ご覧の通り、中国人にとって一番難しいところは、タイの高声調は中国語に該当する声調がないとのことです。大体の中国人はタイ語の高声と上昇声の区別が掴めできず、同じ上昇声と発音する場合が多いです。

声調って重要ですか?

すごく大事です。声調が区別出来ないとタイ語が上手くならないどころか、日常生活にも影響されます。

先ずは言いたいことがタイ人に伝わらない
筆者は最初タイ語の読み書きが出来なかった頃、ローマ字でタイ語を覚えてたが声調がイマイチ分からなかったので適当にタイ人と話たら通じなかったのです。特に音節の短い単語の場合は、声調を確実に発音しない限り意思が絶対伝わらないです。

声調が違っただけで意味が正反対!
一番有名なのは、タイ語の「スワイ Suay」という単語。上昇声だと「美しい」を意味するが、平声だと「不運」の意味になります。
また、「クライ klai」という言葉があって、平声は「遠い」、降声は「近い」ので、意味が真逆です。

声調はどうやって発音するの?

先ほども言ったように、日本語にははっきりした声調システムはありませんが、高低強弱アクセントでタイ語の声調に当てた方が覚えやすいかもです。

例えば、「春夏秋冬」という言葉があります。この言葉はすでにタイ語五つの声調のうちの四つも入っています。

しゅん(降↘)か(低↙︎)しゅう(上昇↗︎)とう(平ー)

なるほど。しかしこれは。。。中国語の4声調じゃないですか。タイ語の高声は?

うむ、適当にごまかすしかないでしょう。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください